鶴見教室

〒 230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町21-13メルベールマツダ2F

  • 電話:045-574-0723
  • FAX:045-574-0723

内申点を上げるには!?


1.高い内申点を持っていると得する!!

内申点はみなさんもご存知のように、中学生に至っては高校受験時に大きく関わってくるものです。現在の神奈川県公立高校選抜制度では内申点、5科テスト、面接の3つで評価され合否が決まるのであり、高い内申点を持っていることは言うまでもなく受験に有利になります。もちろん、公立高校だけでなく私立高校受験でも内申点は評価されるので公立高校受験と同様のことが言えます。

高校生に至っては、大学受験には指定校推薦や公募制推薦、AO推薦と様々な推薦入試制度があります。この推薦入試を受験するために欠かせないのが内申点です。現在の大学受験では過去と比較し、推薦入試制度を導入している大学が増加しています。また現在の私立大学生たちの推薦入学者の割合は約50%と言われており、大学生の2人に1人は推薦入試で大学へ入学しているのです。内申点を上げるということは自分の希望する大学へ入学するチャンスを増やすということになります。

 

2.内申点を上げるにはどうすれば良いの?

学校の内申点はテストの点数だけで評価されているわけではありません。授業に積極的に参加をしているか、授業態度はちゃんとしているかなども評価され内申点に大きく関わります。

ここでは学習(テスト)以外でできる簡単なことについて挙げますので参考にしていただければと思います。

 

1、授業態度はしっかりとしよう

学校の先生たちは授業中1人1人授業態度を毎時間しっかりと見て評価しています。

2、手をあげよう

発言する機会があれば手をあげよう。たとえ発言し間違えてしまっても学校の先生たちはそれでマイナスの評価はつけたりしません。むしろプラスの評価がつきます。学校の先生たちは発言しよう、手をあげようと授業に積極的に参加しているかどうかを見ています。今まであまり恥ずかしくて手をあげられなかったという人も1週間に1回手をあげるなど目標を決めて少しずつチャレンジしてみよう。

3、提出物の期限は必ず守ろう

宿題や提出物の期限は必ず守ろう。

 

4、+αの行動をしよう

「ノート提出があれば図や絵には色を塗っておく、見やすいように単元ごとに付箋(ふせん)を貼っておく」、「理科の実験レポート2枚提出と宿題があれば5枚程書いて提出」、「グループ学習では積極的に班長をやる」など他の人と同じことをするのではなく、+αの行動を考えてはじめられることからやってみよう。